本文へ移動

教育システム

新任教育

新たに警備業務に就く方は、業務実施前に新任教育を受けます。
基本教育(基礎的法令や心構え、護身術、応急処置など)と業務別教育を受け、警備員としての基本的な知識を身に付けます。

現任教育

警備員として現場に配置されてからも、定期的に現任教育を受けることが義務付けられています。業務に即した内容で、知識、技術、マナーの向上を目指します。

各種講習、安全対策、資格取得応援

一般社団法人千葉県警備業協会主催の講習への参加のほか、警備のプロとしてステップアップに関わる資格取得支援を積極的に行っています。

警備業務検定保持者一覧

警備員指導教育責任者(1号)
8名
警備員指導教育責任者(2号)
5名
警備員指導教育責任者(3号)
2名
警備員指導教育責任者(4号)
1名
機械警備業務管理者
5名
施設警備2級資格者
13名
交通誘導警備2級資格者
8名
雑踏警備1級資格者
2名
雑踏警備2級資格者
5名
貴重品運搬警備2級資格者
2名
2024年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る